ブラジルのコーヒー

2020-12-21 09:20:17

コーヒーは、コーヒー果実の焙煎豆から作られた飲み物です。

1980年代のある時期には、コーヒーは石油に次いで、金銭的価値で世界で2番目に取引された商品でした。

ブラジルは過去150年間で世界最大のコーヒー生産国であり、ミナスジェライス州はブラジルで最もコーヒー生産量が多い州(5900万60 kgバッグ)であり、製品の国内生産量の50%以上に相当します。世界の生産量の17%。ミナスジェライス州が国だったとしても、世界最大のコーヒー生産国であります。つまり、世界のコーヒーの3分の1を生産しています!

ブラジル全土には約30万のコーヒー農園があり、230万ヘクタールのコーヒー生産面積を持っている、世界で最も多様なコーヒーブランドを持っている国のひとつであり、種類はアラビカ種とロブスタ種です。

ブラジルのコーヒー農法は世界で最も要求の厳しいものの1つであり、厳格な労働法と環境法に従って最高のコーヒー生産を保証しています。これらの法律は、奴隷労働や児童労働の回避を含め、生物多様性とコーヒー栽培に関わるすべての人々を尊重することを目的としています。

コーヒーは世界で2番目に消費されている飲料であり、水に次ぐものです。

サンパウロ州サントス市には、ブラジルのコーヒーの歴史を伝えるコーヒー博物館があり、バリスタ向けのトレーニングコースもあります。ブラジル人にとても愛されているこの飲み物を味う経験ができます。アクセス:

ここにクリック


ブラジルの経済発展もコーヒー活動によるものであり、新しく創設された国民国家における「最初の非植民地的商業活動」と見なすことができます。この活動は、社会構造の多様化、都市生活の出現、労使関係と法執行の変遷に貢献しました。

日本人移民のブラジルへの出国は、1908年6月18日、笠戸丸が日本の神戸港を出港し、781人の日本人と共にサントス港に到着したときに始まりました。新参者はサンパウロのコーヒー農園で働きに行きました。同年、日本への登録コーヒーの最初の出荷は約600袋でした。

笠戸丸の到着から50年後、日本人とその子孫は4,000人を超えました。パラナ州のロンドリーナやマリンガなど、コーヒーで造られた都市は、産業、サービス、芸術、文化の分野で日本の大きな影響力を持っていました。

30年前、彼の子孫は日本に移住し、彼は日本とブラジルの間の友情を強化し続けています。

作者: Pamela Kanoko